薪通販なら天坂屋におまかせ!!
  • アウトドア
  • アウトドア
  • 焚き付け
  • 木炭
  • 天坂米
  • 能登薪
  • ペレット燃料
  • アロー便

クレジットカード決済に対応いたしました!

クレジットカード決済代行-イプシロン

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

天坂屋の日常

≪焚き火台も二次燃焼ブームに?!≫

 
 薪ストーブには昔から、煙突から出る煙を少なくする工夫がされています。 薪が燃えて出た煙を、二次燃焼用の空気で更に燃やす方法です。 例えば、ノルウェーのヨツール製ストーブやベルギーのネスターマーティン製などの多くのストーブメーカーの製品は昔から、きれいな空気を別のルートを通して2次燃焼用として高温にし、それを煙に当てて更に燃焼させることで、煙突から排出する空気をきれいにするクリーンバーン方式をとっています。 また、USAのバーモントキャスティングのアンコールなどは、キャタリティックコンバスターと呼ばれる触媒の中を通して再燃焼させる方式を採用しています。以前はキャタリティックコンバスターのみでしたが、最近のアンコールは、クリーンバーン燃焼したあとに更にキャタリティックコンバスターを通過させる多次燃焼方式のようです。
 最近では組み立て式の焚き火台にも、クリーンバーン方式をうたう物が出てきましたね。炉台にいっぱい薪が入るのものならば高温燃焼させて調理するには効果があるように思います。ゆらゆらと燃える炎を見て日頃のストレスを解消している焚き火好きの皆さん、クリーンバーン方式の焚き火台ならヨツールみたいに揺らめくオーロラの炎が見られる!...カモよ。どうでしょうブームになっていくのでしょうか?。
 さて、小型焚き火台用薪B6SANはお試しになりましたか?まだの方は,Sx4が特価のうちにお買い求めください。
 今月もちょくちょく天坂屋を訪れてみてください。お待ちしています。

写真館

天坂屋があるのは、 世界農業遺産「能登の里山里海」に選定されている能登半島の能登町天坂。 人々は、美味しい水と空気の里山に抱かれ、のんびりと心豊かに暮らしています。




天坂屋ショップは、持続可能な社会を目指して能登産の薪やお米などを販売しています。
皆様の声に耳を傾け、皆様のニーズをリーズナブルな価格で商品化していきます。
何かお気づきの点がございましたら、暖かいご指摘ご指導を宜しくお願いします。
[天坂屋Since2011]

ページトップへ